Works企業のプロモーション事例紹介

株式会社ロッテ

ブランドの情緒イメージを高め、購入意向を喚起

ロングセラーブランド「雪見だいふく」は、AbemaTVの若年層ユーザーへのCM配信により、商品の好意度向上だけでなく購入促進までを実現。

株式会社ロッテ

掲載期間

2018年11月9日~11月18日

プロモーションの狙い

テレビCMではリーチしにくい、若年層へのリーチ補完の実現を狙って広告配信を実施。

プロモーション内容

15秒のテレビCM素材をMF1セグメントにて配信

成果

90%を超える高い視聴完了率で、 特に若年層男性の好意度・購入意向度が大きく向上

担当者様コメント

「小さな幸せを感じながら日々笑顔で過ごしたい10~30代男女」をコミュニケーションターゲットに、TVCMは「ホッと、ひともち。雪見だいふく」をキーメッセージに添え、 「幸せになれる」「癒される」など、ブランドのコアとなる情緒イメージを高め、購入意向を喚起することを目的にクリエイティブ制作しております。 AbemaTVの媒体でセグメント配信した理由としましては、生活者のデジタル視聴の選択肢が増えている点にあります。 「TV出演では獲得しづらい、若年層に向けたリーチ補完」「視聴ストレスのない完全視聴」を目的に出稿させて頂き、リフト値も向上したことは嬉しく思います。

川崎 大輔 氏(株式会社ロッテ マーケティング本部 宣伝担当)

担当代理店:株式会社電通

Page Top